素材について

磁器

400年の伝統が生み出す、やわらかな白
400年の伝統が生み出す、やわらかな白

花瓶の部分には、素地仕上げの中でも白くて美しい、長崎県波佐見町の純度の高い粘土を使用しています。 波佐見町は、染付磁器の生産量が日本一だったことでも知られ、400年前から絵付けや削り模様などの伝統技術が受け継がれています。 ぜひ飽きることのない、やわらかな“白”をお楽しみ下さい。

やさしいデザイン

まるで両手で包み込んだときのようなやさしいカーブを描くデザインは、繊細な手仕事が生み出す特別なもの。 日本が誇る伝統の技が、天然素材のぬくもりを十二分に引き出し、丸みを帯びたあたたかみのあるフォルムを生み出しています。

やさしいデザイン

天然木

伝統の技法で、木目を引き出す
伝統の技法で、木目を引き出す

骨壺と木皿と写真立てには、天然のメープル材を使用しています。天然木の美しい木目を最大限に引き出すのは、 神奈川県・小田原の工芸職人です。「天然無垢材削り出し」という技法は、一つの厚い木材を削り出し、 木目が途切れないように美しく仕上げるため、木目の表情が一つひとつ異なります。お手元にお届けする製品は、世界に一つだけの逸品です。

安全性にもこだわり、納得の仕上がりに

天然木の節や木目は、その木が生まれ育った場所や風向きなどによっても一つひとつ表情が異なります。 天然木の美しさとナチュラルな風合いを、いつまでもお楽しみいただけるよう「オイル仕上げ」を施しました。 お手入れが容易になるだけでなく、経年による色の変化をいつまでも感じて頂けます。

安全性にもこだわり、納得の仕上がりに

お手入れ方法

木は自然が生み・育てた、ぬくもりある資源です。木材は伐採・加工後も静かに呼吸し、しなやかさを失いません。湿度が高いときは吸湿し、 乾燥したところでは水分を放出し、伸び縮みをします。製造の過程では材料を十分に乾燥させて構造に工夫をしますが、 ご使用環境や地域・気候などでどうしても反りや割れが生じることがあります。反りや割れを極力防ぐためにも、 製品のお取扱いには下記のようなご注意をお願いいたします。

日常のお手入れ

乾いたやわらかい布か、固く絞ったふきんで拭きます。
水・飲み物・化粧品などがこぼれたら固く絞ったふきんで直ちに拭き取り、
自然乾燥して下さい。シミの原因となります。

ご注意

直射日光や熱は、変形や変色の原因になりますので、窓際や暖房器具に近い場所を避けてご使用下さい。 また湿気は木材を膨張させ、カビの原因となりますので、湿度の高い場所でのご使用は出来るだけ避け、 通気のよい場所での使用をおすすめします。